「実践研究大会2018」は11月23日開催です!!

(更新日)2018年9月13日
2018年3月30日
事務局

 昨年度に引き続き、東京社会福祉士会は「実践研究大会2018」を開催いたします。
 テーマや会場、発表の応募要項などは決まり次第お知らせしますので、まずは実践研究大会の日程を予定に組み込んでください。
 合わせて、運営にご協力いただける実行委員や当日の設営などをお手伝いいただけるボランティアも募集する予定です。当会の活動の一歩として実践研究大会をサポートしてみませんか。
 倫理綱領の「5.専門性の向上」を実践しましょう。
開催日
11月23日 金曜日(祝日)
会場
名称 : 読売理工医療福祉専門学校
住所 : 東京都港区芝5-26-16
開催要項
開催要項
発表者募集
〆切ました
内容
タイムスケジュール
10:00~ 503教室:鼎談など(当日をお楽しみに)
13:00~ 502教室:ワークショップ
503教室:パネルディスカッション
504、505、506教室:口述発表、展示発表、制度紹介など

演題(予定)
【文献研究】
「地域マネジメントにおける地域包括支援センターの実態と今後の行方」
【実践研究】
「刑事司法ソーシャルワーカーの実践エビデンス -判決後支援における実践報告から-」
「『制度の谷間』に社会福祉士はどう対峙すべきか -実際に谷間に陥った1人の社会福祉士の事例から考える-」
【実践報告】
「権利擁護センターぱあとなあ東京とは」
「地域共生社会と安心電話 -こころをつなぐ安心電話とふれあい体験-」
「心を病む人へのアプローチから考える『その人』・『世帯』への支援の課題について -ソーシャルワークの視点から…その見立てと手立てでいいですか?-」
「独立・開業型委員会の設立に関する報告及び独立型社会福祉士の実際」
「独立型社会福祉士になるために -準備として必要なことやルートなどの説明-」
「若者の自殺予防のためにできること -現場実践の振り返りからみる社会福祉士としての役割と今後の展望-」
「福祉的就労で何がおきているのか?(仮)-障害者総合支援法改正から課題と展望を考える-」
「『とまりぎ』10年の歩み -路上生活者(ホームレス)に寄り添いながら-」
【制度紹介】
「認定社会福祉士制度とは -認定社会福祉士のルートを知ろう-」
【活動報告】
あだち社会福祉士会
板橋区社会福祉士会
権利擁護委員会
お問合せ先
公益社団法人 東京社会福祉士会 事務局 担当:渡会・福井
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-43-11 福祉財団ビル5階
TEL:03-5944-8466 / FAX:03-5944-8467
MAIL:social_workers_day@tokyo-csw.org
備考
過去のリンク
2017年度
2016年度
2015年度