2月例会

2017.02.16

西多摩社会福祉士会

下記のとおり、2月例会を開催します。介護問題の最後の砦が、入所型施設である特別養護老人ホームです。政策的に在宅介護が進められていますが、それでも入所型施設が足りないとして、施設整備が必要と言われています。しかし近年、東京の西部では、特別養護老人ホームへの申し込みが激減し、利用率が低迷する施設も出ています。今回は、入所受け入れを担当している方から、身近に起きている、このような現象について報告していただきます。西多摩で活動する者として、興味深い課題です。
日時
2017年年2月23日(木曜日)
18時45分~21時00分
会場
名称:あきる野ルピア 3階 会議室
住所:あきる野市秋川1丁目8番地
交通:JR武蔵五日市線 「秋川」駅北口下車 徒歩5分
テーマ
『特別養護老人ホームの申し込みが減っています』
講師
宇津木真吾氏(特別養護老人ホーム カントリービラ青梅 生活相談員 社会福祉士)
小嶋 直之氏(特別養護老人ホーム カントリービラ青梅 事務長 社会福祉士)
費用
西多摩社会福祉士会会員以外の方からは、資料代として300円頂きます。
申込
申込は必要ありません。直接会場へお越しください。